giken-NEWS
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年7月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/19 NHアンプ ユーザーの声
2024/06/01 スピーカーの音はアンプ次第
2024/05/15 スピーカーは変わらずともアンプは変わる、事実
2024/05/01 コンパクト・カセットとコンパクト・ディスク
2024/04/26 過去 現在 未来のオーディオ

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200610 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 8 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 8 7 月 

2019/07/27(土) アンプでスピーカーの音が決まる
既製の帰還型半導体アンプは、ほぼ一色です。対して無帰還型アンプは多彩な音を表現します。
また、CDの音色はほぼ一色に聴こえますが、LPレコード、テープは多彩な音色を表現します。

無機帰還アンプは一生モノです。アンプの買い替えはやめましょう。
なぜなら、完成度の低いアンプには買い替えの楽しみ、喜びがありますが、完成度の高いアンプには買い替える楽しみよりも大きな楽しみがあるのです。
こう言ってしまうと、アンプ・メーカーや販売店に影響がありますが仕方がありません。いままでは、完成度の不十分な製品だからこそ商売が成り立っていたのです。
そして、日々、音楽をスピーカーで聴く喜びを得ることができます。
無帰還アンプを手に入れた音楽ファン、オーディオファンは,いままで聴いていたスピーカーから音楽の奥深い表現を聴き取ることができるので、ソフト、演奏会などにお金を向けることが出来ます。

2019/07/20(土) 間違えた方向で設計したトランジスタアンプ
なぜいままで多く作られたトランジスタアンプはスピーカーをドライブできないのでしょうか。
ひずみを少なく、ノイズを少なく設計するのはなぜでしょうか。測定器を高い精度でつくるにはこのようなアンプが必要です。ところがこのようなアンプをスピーカーに繋いでもひずみが多く聴こえます。いままで多く作られたトランジスタアンプは、聴いてひずみが感じられます。8Ωの定抵抗を負荷として測定すれば低歪みとなりますが、スピーカーを負荷として測定したときにはそうではありません。
一方、真空管アンプ、無帰還アンプは、スピーカーを負荷としたときに、聴いて、良い音が聴けることを条件に作られてきました。真空管アンプの中でも、負帰還を多量にかけ、測定値を優先的に設計されたアンプがありますが、(ウイリアムソン・アンプなど)測定器のためのアンプで,スピーカーに繋いでも良い音は聴けません。

どれほどコストと物量を投入した高額アンプ(真空管アンプを除く)でスピーカーをドライブしても、そのスピーカーの半分も音にしていないという難題に回答を与えたのが「パワーエクストラ」のアイデアです。

2019/07/13(土) 無帰還アンプのヴァリエーションの展開
「UTA」「AMPU−NH」は完成度が高いので、世のトランジスタ・アンプに代わって普及してゆくと思われます。注文が次々に入ります。相島技研が対応できる数量はそれ程大きくないので、現在の状況は結構な感じです。
これからの展開として考えられることがあります。特注モデルへの対応です。将来スピーカーなどが入れ替わってもアンプとしてこれ以上のものは無いので、永く使い続けることが出来ます。
1.「UTA」のVOLEME付きモデル。2.「UTA」のVOLEME付き、SELECTOR付きモデル。
3.「AMP−NH」のブックシェルフ型デザイン。
4.「UTA」のVOLEME付き。高級感を感じさせるデザインモデル。
5.既製の半導体アンプ(パワーアンプ)の内部部品をすべて取り外して無帰還アンプのプリント基板、ドライバー・トランスを組み込む。無帰還アンプのプリント基板、ドライバー・トランス一式のキットの供給も可能です。
6.Lch,Rchミックス機能付きのサブ・ウーハー専用モノ・アンプ

よいアイデア、デザイン案がありましたらお知らせください。検討します。試作も可能です。

2019/07/06(土) 小口径の振動板で聴く音は
いまのようにヘッドホン・オーディオ、イヤホン・オーディオが流行するようになったのは確かな理由があります。
スピーカー・オーディオでは聴けない音が聴けるからでしょう。確かに、情報量が豊かで、スピーカーよりうるさくない音、疲れない音が聴けるのです。スピーカーからこのような音が聴けるのならば、さらに”楽に”音楽を聴くことができます。また、ヘッドホン、イヤホンで聴けた音が、スピーカーからは聴けないことがスピーカー・オーディオの普及の妨げになっていたと考えられます。
これを解決できる可能性が見えてきました。その答えは無帰還アンプです。
大口径、小口径を問わず、スピーカーからもヘッドンホン、イヤホンで聴く音に近い音が聴こえます。

2019/07/01(月) マルチ・スピーカー・システムに無帰還アンプ
お客様から報告がありました。
「5WAY AMP すべて相島AMPになりました。制動力、音色、SN比 すべてにおいて すばらしいです。 」
それまでの高額なアンプを次々と「UTA」アンプに交換しました。
すべてのアンプを「AMP−NH」に置き換えても、制動力、SN比などは変わらず、素晴らしい結果が得られます。どちらのアンプでも、クオリティを上げると共に大幅なコストダウンを実現できます。

スピ−カ−は、低音 EV 15WK 400L、中低音 EV15WK 400L、 中音 76cm木製ホ−ン  RADIAN 950B、中高音 30cm アルミホ−ン RADIAN950B、高音 8cm アルミホ−ン RADIAN745


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.