giken-NEWS
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年7月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2024/05/15 スピーカーは変わらずともアンプは変わる、事実
2024/05/01 コンパクト・カセットとコンパクト・ディスク
2024/04/26 過去 現在 未来のオーディオ
2024/04/01 オーディオ仲間の集まり
2024/03/26 惜しまれつつ生産完了のS-300

直接移動: 20245 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200610 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 8 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 8 7 月 

2018/07/17(火) スピーカーを負荷として設計したアンプ
通常、メーカーの設計者は純抵抗(8Ω)を負荷として繋ぎ測定を行います。測定する波形は連続正弦波です。
これではダイナミック・スピーカーを繋いでよい音が出るわけがありません。音楽信号(音楽の波形)はダイナミックに変化し、スピーカーは振動板が常に動いています。
画期的な高音質アンプは、スピーカー負荷を前提に設計されました。スピーカーは音楽信号に忠実に動作することができます。
他のアンプは純抵抗を負荷とし、またスピーカーを負荷としても測定器としては動作してもスピーカーの忠実再生には不向きだったのです。
全国各地から、アンプの評価が届きます。どこからも、驚きの声があがっています。

2018/07/11(水) 世界に普及するアンプの音とは
いままでのアンプ製作者が考えなかったことが実現しました。
アンプが雑誌に紹介されると共に、この音を聴いた方々の方々から注文が来ています。
TANNOY,JBL,BOZAKなど、また能率の低い小型スピーカーまでもがよい音に聴こえ、いままでになかった程情報量が増えたという報告もあります。他のアンプの音が薄っぺらに聴こえてしまうのです。
世界に普及してきたアンプの常識はどうなっているのでしょうか。
大出力のアンプ、大きなコンデンサー、電源トランス、などは架空の存在に見えてきます。AC電源アダプター(DC15V)の使用でよいのです。
ユニヴァーサル・アンプと命名しました。欠点を見つけることが困難なアンプと言ってもよいでしょう。

2018/07/01(日) オーディオ界を変えてゆく相島技研のアンプ
常識と異なる音がトランジスタ・アンプで出てきました。
アンプの常識が変わります。
当初は卵型スピーカーと組み合わせる為に開発したのですが、あらゆるスピーカー(コンデンサー型を除く。)にドライブ能力を発揮します。すなわち、スピーカーの能力が再認識されるのです。
小型ケース(65,000円)、中型ケース(200,000円)の2種類を製作、販売しています。どちらも、出力に変わりありません。
1台1台作るのでは間に合わないので、生産体制を準備しています。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.