giken-NEWS
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年1月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2024/06/19 NHアンプ ユーザーの声
2024/06/01 スピーカーの音はアンプ次第
2024/05/15 スピーカーは変わらずともアンプは変わる、事実
2024/05/01 コンパクト・カセットとコンパクト・ディスク
2024/04/26 過去 現在 未来のオーディオ

直接移動: 20246 5 4 3 2 1 月  202312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202212 11 10 9 8 7 6 3 2 1 月  202112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200610 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 8 6 5 4 3 2 1 月  200312 11 10 9 8 7 月 

2005/01/24(月) スイッチング電源の成功例
747シリーズのオールマイティー・プレヤーをご存知ですか。
CDを聴くだけでなく、マルチ・チャンネルを含むほとんどの音楽ディスク、ビデオ・ディスクを再生できるプレヤーで、手に入れやすい価格のすぐれものです。
クロック交換などの音質改善を何台か実行してみて、たいへん音質よく設計されていることに気がつきました。
たとえクロック交換しないでも、分解能、解像度に関して、CDの音を聴いても満足度がたかいのです。また、他の機種からはきこえない曇りのない音場が見えます。
軽い作りでありながら、重量級の高額商品でも再生できないような音になるのは、電源が優れた設計になっているからだと考えています。
従来の方式の電源を組み込んだ商品からは決して聞えない質感の音を聴くことが出来ます。

2005/01/12(水) 本物のオーディオ・フォーマット
太田一穂さんにおねがいして、赤松教授のDVD−AUDIOを聴くことが出来ました。
お気に入りのANALOG盤からCD-Rに変換した自家製のサンプラーを、さらにDVD-AUDIO方式に変換したものです。
いままで聴いたことがないような鮮度の高い音が聴けます。
世界のオーディオのソフト、ハードの認識を一変させるほどの発明ではないでしょうか。
このような音が聴けてこそ、オーディオが進歩したと言えると思います。
関心のある方には、お聞かせすることが出来ます。

2005/01/03(月) 温故知新または温故知「真」
20年以上前に4千円で買ったCDを聴いています。
音の鮮度は今でも変わりません。
なぜならば、今買えるCDと聴き比べて音質が少しも劣らないからです。
むしろ、今よりも優れた録音に聞こえるものが多いかもしれません。
ディスクの情報は、いまだに100%は取り出せていないようです。
クロック交換などの音質改善を実行してみて、このCDにはこんな音まで入っていたのかと知らされることになります。
音楽ソフトの本当の価値を実感できるのです。
もし、ディスクの表面が曇っているようでしたらきれいに磨き直すとさらに鮮度の高い音を聴くことが出来ます。

2005/01/02(日) リアル3チャンネル再生
2005年の聴き初めは3スピーカーです。

欲しかったソフトを手に入れました。
それは、ようやく発売された「SACD3-ChannelStereo」DISCです。
これこそ本物のマルチ・チャンネルを聴くことのできるソフトだからです。
録音されてから半世紀近い年月が過ぎたいま、手元に届くことになったのです。
録音方式がいろいろある中で間違いなくリアルな再生が出来るひとつだと考えられます。
これを聴くと、2-ChannelStereoの欠点に気がつきます。
また、5.1Channel Stereoが音楽ソフトとしてどうなのかということを考えさせられます。
アナログ時代といまのデジタル時代をつなぐ、たいへん価値のあるアーカイブとして注目します。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.