ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年1月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2017/06/22 むえき!
2017/06/21 とてもイヤだ
2017/06/11 減量に入る前は・・
2017/06/09 キツいけどしょうがないもんね
2017/05/30 意味わからんけど・・

直接移動: 20176 5 4 3 2 1 月  201610 9 8 5 4 2 1 月  20158 6 4 3 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 2 月  201311 5 4 3 1 月  201212 11 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2012/01/21(土) 私の怒り
  
最近もあったけど、男が幼い少女に性的暴行を繰り返していたという事件を聞くと、
人のHPの隅々まで見尽くしておきながら「キモイんだよ!」とぬかしやがった野郎の
100倍ぐらい、怒りを感じる。
   
幼い頃にそんなことされたらなあ、成長過程で日常的には忘れているようでも、
実際は一生、心に痛手を背負って生きる子もいるんだぞ。
   
そんな事件を聞くたびに、腹の底から怒りがこみ上げてくる。
   
それに連動して、まあ関係ないけどいつも思うことは、自分の修行の至らなさを
女の責任にして、「このお山は女人禁制」もへったくれもないだろ!ってこと。
            
  
「修行して心を律していても、女人の姿を見たら、とたんに心乱れてしまうので、ごめんね」
ぐらい言えよ。
       
そっちの方がよっぽど潔いってもんだ。
 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.