ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年11月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2017/06/22 むえき!
2017/06/21 とてもイヤだ
2017/06/11 減量に入る前は・・
2017/06/09 キツいけどしょうがないもんね
2017/05/30 意味わからんけど・・

直接移動: 20176 5 4 3 2 1 月  201610 9 8 5 4 2 1 月  20158 6 4 3 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 2 月  201311 5 4 3 1 月  201212 11 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2006/11/26(日) SLのあとは自宅でじっくりどっぷり、、、
SLの追っかけも今日が最後となってソワソワも落ち着いて、晩はすっげく三味線弾きまくったら、
人指し指と薬指の先が、朱肉がついたみたいに赤うなっちゅう。
人指し指はカチ(硬い)やき、もう赤味はだいぶ取れたけんど、
人指し指ほどはカチやない薬指は、今も真ん丸く赤いちや。
忍び駒で弾くと音もパッツンパッツンな感じがして、余計に指に食い込みゆう感じがするちや。

お顔を洗うたりお風呂に入ったりしたあとは、指先もやらこうなって、直後に練習始めたら痛いが。
けんどなんか、顔を洗うてさっぱりしてから練習始めたかって、
夏まではずっとそうしよった。

今日は、今から顔を洗うて、そのあとは踏み台昇降するが。

それにしても、頼んじゅう本、いつ来るがー?
早う読みたいなー。 『夏草の賦』
まあ、一緒に頼んだ他の商品の納期が遅いせいやけど。。
はよ、せいーーー!

2006/11/20(月) めんどくさいことは後回し、、、
ちょこっと部屋の中を片付けていて、今日届いた荷物の仮の置き場所を
なんとか確保。。洗濯をしながらもうちょっとお片づけ、、、
していたはずなのに、いつの間にか台所で、
明日の弁当&朝食の下準備をしてた。  あれ?(^.^;

タマネギなんぞをみじん切りにして、ゆで卵を作って、、
リンゴを切って、、、ハンバーグの種を冷凍庫から取り出して、、、おにぎりの型を洗って、、、

下準備が終ったら、三味線の練習を1時間。。。
明日の朝の、弁当作りと踏み台昇降のために、もう寝よっと。

それにしても、なんで部屋の片付けしてたのが、気がつくといつの間にか台所で
タマネギ切ってたんだろ?
あ、、ペットボトルのカラを、台所で洗ってラベルはがして
片付けた!そこから好きな方へ行っちまったか。

   

2006/11/16(木) 最近の体内管理
4ヶ月ほど前から、だいたい毎朝体重を計っているけど、
月の中頃に一度体重が増える。
一日に増えるのは多くても1kgもないぐらいだけど、
最初のうちは、げっ、やばい、、、って焦った。
でも、暴食に気をつけて運動もそれなりにやっていると
そのうちまた少しずつ減っていく。

そんな、同じような折れ線を描いて、1ヶ月ごとに少しずつ
線位置が下がってきている感じだ。

今月もやっぱりここ2日間はちょっと増えていた。
でも、今朝は減っていた。
体重計も、『チャンス』 ランプを点灯してくれたし、
このへんからガコンと下げて来月に突入したい。

近ごろは夕飯のときのご飯を半分、ラップに包んで冷凍して、
翌日のお弁当用に残して、その分おかずで満足するように
している。

カロリーをガンと減らしたり、ご飯をまったく取らないのはダメだ。
傷めていた足首もだいぶいいし、まだ装具ははずせないけど、運動も再開。
踏み台昇降はやっぱりいい有酸素運動だと思う。

2006/11/10(金) 忘れるからこそ、また得られる喜び
この前の休日、久しぶりに本棚から数冊、単行本を取り出して読んだ。
その中の一冊の中に、井伏鱒二の『へんろう宿』という短編があった。
ああ、そう言えばこんな短編があったっけ。

ずうっと前に読んで、題名は覚えているけど内容はどんなだったか
読み直すまで思い出せない小説はけっこうある。
そんな短編をもう一度読み直すときのあの感覚は、けっこう嬉し楽しい気分だったりする。
これを読んで、ずうっとあとに楽しい思いをするために、また忘れておこう、、
とさえ思うことがある。
そんなだから、題名すら忘れていた短編なんかはもう、極上ものなのだ。

『へんろう宿』は、極上ランクだった。少し読み始めると、うんうん、、、土佐弁が出てくる。
それも、昔懐かしい、いい味のある土佐弁だ。
こんないい土佐弁の会話、今はもうめったに聞けなくなってしまった気がする。
話の内容は、へんろ旅の途中で一泊したへんろ宿での聞き話で、何か特別なことが起こる
わけでもなく、淡々として終わるのだけど、本来へんろ旅とはそんなものだった
のではないか、と思ったりする。

なんて、一度もへんろ旅をしたことのない私がこんなことを言うのも生意気かもしれないが。
だけど子供の頃から毎日、お遍路さんは見慣れているし、今はもうあまり聞かれなくなった、
「つかあさい。」などという土佐言葉が、ものすごく心地よく感じてしまったのだ。

埃臭い単行本、読んで忘れて、また引っ張り出したくなって、、、
、、、、、

そんなちょっとした楽しみも、人生にはあったりするのである。

2006/11/04(土) 納得いった例(ためし)がないもの
少し前から急に、弁当作りに凝りだした。
今までは、買い食いが多かった。あと、インスタント物。
外食はめったにしない。

たま〜に弁当を作っていくこともあったけど、
満足いくものができたためしがない。
夕飯とかもずっと、たまにしか作ってなかったけど、
作ると味はけっこういけるものができるのだ。
だけど弁当だけは、、、。

詰めて置いておく間に、食いたい気が失せていく。
炒め物なんかは家で作って食べるときも、残ったものは
あとで炒め直して食べる気がしなくなるから、
そんなのと同じようなことかもしれない。
(煮物とかシチューなんかだとぜんぜんオッケーなのだ。)

んでいろいろ試して、自分が「美味しい」と思うお弁当を、
どうやったら作れるか、ここ数日、頭の中で常に思いを巡らせている。

煮物を入れる、炒め物は油分をよく取ってから入れる。
冷めてから蓋をする。
グリルを美味く利用する。フライパンをフッ素加工のものにする。

フライパンは、油ほんの少〜しだけでも焦げ付かないフライパンがあったのに、
父親が、、、金だわしで擦って台無しにしてしまったのである。
『焦げ付かない』 がうたい文句のフライパンが2つも、
油を敷いても焦げ付くフライパンになってしまった。

今使っているものは中華鍋タイプの底の深いものだけど、
なぜか形が変形してしまったらしく、ガス台の上に載せると
座りが悪くて落っこちるんじゃないかとハラハラする。
小さめのフッ素加工のものをまた一つ買うつもりだが、
親切心でまたゴシゴシされないように、洗いから干して仕舞うまで、
一貫して仕上げなければならない。
父親本人はあくまでも、『やってあげたい』 のであるから、
「たわしでゴシゴシ擦ったらいかん!」
と言っても、そのときは了解しても日が経つとすっかり忘れて、
もともとベースにある、『やってあげたい』 だけが残ってしまって、やっぱり金だわしで擦るのである。
もう年が年だから、そんななのである。

とにかく、今の私にとって重要なのは夕食よりも弁当なのである。
なにも、自分で食べて、「うまい!」 とうなる必要はないが、
それなりに納得のいく弁当が作れるようになりたいと思っている。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.