ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年7月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2017/06/22 むえき!
2017/06/21 とてもイヤだ
2017/06/11 減量に入る前は・・
2017/06/09 キツいけどしょうがないもんね
2017/05/30 意味わからんけど・・

直接移動: 20176 5 4 3 2 1 月  201610 9 8 5 4 2 1 月  20158 6 4 3 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 2 月  201311 5 4 3 1 月  201212 11 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2005/07/29(金) これも暑さのせい?
最近、デジタルプレーヤーのカーアダプターの接触が悪くなってきて、
スピーカーから音が出なかったりする。
せっかく買ったのにムカつく〜!とか思うんだけど、
メーカーのサイトを見たら、そのカーアダプターは、
すでに「発売終了しました」の文字が…。
ほんとに壊れたらそれまでかい!

スピーカーから買い揃えないといかんなるかな?
まあ、まだ触ると音が出るからもうしばらく様子見だ。

とかいって、会員特別価格で同じメーカーのデジタルプレーヤーが
7,980円になっていたのがあったので買ってしまった。
「USB 2.0」ちゅうのがいいやん?と思って。
形はまんまUSBメモリみたいな感じ。(一回り大きいだろうけど。)

あ〜ぴょん、イヤホンの類いもかなり触手が動いてしまって、
ま、今のところ持ってるのはメーカーは色々で付属のものもあわせて3つやけど、
もう1コ、「いいかも、、」と思うのを見つけてる。
耳にぴったりのって、なかなかないよね。
値段も手ごろやから、そのうちイヤホン、ヘッドホンだらけになったりして…。

2005/07/27(水) そこの若者旅路に何を思う?
今日、仕事の帰り道に、自転車でお四国参りをしている若者を見かけた。

ハンドルの右側には「同行二人」の笠、

左肩には、、、

黒いギターバッグを提げていた。

 「おお〜っ」

と思ってしまった。

どんなん弾いたり聴いたりするのかな?


あ〜ぴょんはと言えば、PCでラジオステーションを聴くことも覚えてしまった。
ちゅうか、知ってても、今まであんまり聴いてみようと思わんかったから…。
けど、ちょっと検索してみたら、昔のブリティッシュハードロックを流してるBCの局とかあって、
今なんか、さあ、ジューダスプリーストの「ダイヤモンズ・アンド・ロスト」が流れてる!

めっちゃ、懐かしい!
ちょっとはまりそうやで。。。

2005/07/25(月) 北アルプスから帰高
今朝8時前、家に帰ってきて洗濯物を洗濯機に放り込んでから
パンとか食べて津軽りんごジュースを飲んで朝食。
午前中はお休みをもらっていたから、疲れを感じないようだったら
泳ぎに行こうかな、、なんてことをフェリーの中では思っていたけど、
今治から須崎まで車を運転して帰りつく頃にはさすがに眠くなってきて、
やっぱ泳ぎに行くのはムリやった。(^_^.)
筋肉痛はまったくなし。ダメージは感じなくって、
やっぱり山自体の標高の高い低いだけで、しんどいか平気かは決まらないようだ。
とはいっても、天狗塚へ登ったときぐらい最初から暑かったら
たぶんバテていたやろうけど。

燕岳では2500mを過ぎたあたりから、同行の何人かの人が、
「頭がガンガンする」とか「空気が薄くなった感じ」とか、
体の変調を訴えだした。

でもあ〜ぴょんは今回はぜんぜん平気だった。
たとえば雨になる前とかの、急激な気圧の変化には敏感で、
めっちゃ頭が痛くなって辛かったりするのに、
山頂付近でもぜんぜん平気やったし、奥穂で感じたような
ちょっとの登りでも苦しい感じもなかった。

ただ、山荘の部屋では暑苦しくて、頭の前側がもやもやして
どうにも寝苦しかった。
ついに半身を起こして額を両手で押さえ込み、しばらく動けず。。
試しに反対側の、廊下側を頭にして寝てみると、少しスースーして
ちょっとはウトウトできたようだった。

午後から仕事に出て、クーラーの効いた部屋で計算作業などしていたら、『ん、、なんか頭が痛い…。』
泳いだ後のガンガンのちょい軽めの頭痛を感じながら仕事をした。
あ〜ぴょんは気圧が低いのより高い方がダメなのか?(笑)

ま、体自体がダルいとかの疲れはなかったので辛くはなかったけど。

何はともあれ燕岳、面白かった。
合戦小屋でちょっとポーズ。ハンティングキャップを被ってサングラスして、
「かわむら刑事」とか、からかわれながら撮ってもらった。

2005/07/21(木) 山行の旅
須崎を午後7時過ぎにでて、R194号経由で今治へ。
夜のワインディングロードを椅子の曲全開で突っ走ったっす!
今、特にお気に入りなのは、蟲とサバス・スラッシュ・サバスと菊人形の呪い。(^з^)-☆
9時40分頃なべちゃんと合流。
エルクさんご一行と共にフェリーに乗って、神戸港へ。
22日は伊吹山を散策だあ。お花が楽しみ。

2005/07/20(水) ぱっきんぐ
明日は忙しくなりそうなので、今日できることをやっておかないと慌てる…。
今日できること、それは、旅行の荷物詰めと、
デジカメの記憶メディアの容量を空けて置くこと。
久々に明日から四国外遠征なのだ。

荷物詰めは、だいたいできた。デジカメ用の電池の予備は、
フル充電してたっけ? ああめんどくさい。
すでに眠いんだってば。

仕事も明日中にやっとかんといかんことをきっちり済ませるために、
気合入れて挑まにゃならんし、仕事の後はお買い物してまたそれを詰めて、、
夕飯食べて出る余裕はないかもしれない…。

車運転してまたR194号を寒風山越え。眠気は大丈夫か?
椅子の曲を絶叫しながら夜のワインディングロードを疾走するぞ!
(いつものことか。)
やっぱ今夜はちゃんと寝とこう。

電池はフル充電してたっけ?ああ、めんどくさいなあ。
土曜日は燕岳。にいるはず。。

2005/07/18(月) 単独やといろいろ浮かぶのよね
昨日今日と、けっこう急勾配の斜面を下る場面が多かったせいで、
今日は太腿の前側が筋肉痛。。
やっぱ地べたを踏み締めて生きるのは根性いるなあ。(^・^)

今日の三嶽越古道歩きは、梅雨明け前の大雨の影響か、
峠までの植林帯も水に洗われて、土が持っていかれてる場所がけっこうあった。
前回来た時いっぱいいたカニも今日はぜんぜん姿が見えなくて、
踏んづけちゃう心配をせずに登れたのはよかったけど。

足元には、すでに木に止まっている力が尽きて地面の上で羽根をじたばたさせているセミが何匹もいて、
そんなバタバタ音を立てたら天敵に気付かれちゃうだろうに、、
なんて思ってふと、いやあ、大きい意味で言ったらそれもお役目と言えない事もないのか、、
なんてことに気付いたり。

 きびしいのう。

尾根に出てからエボシ岩目指して急登、その先から横がけの道を
ひたすら進むも、
土が落ちた登山道は足元がザレていたり緩んでいたり…。
でも昨日の、牛の背から下山途中、崩壊場所を2度渡ったのに比べたら
ぜんぜんマシやと思いながら我慢して進んだ。
そう、我慢して…。

足元が危なっかしい山道を渡るときって、早く過ぎてしまいたい時間なわけで、
できれば時空を越えてしまいたいぐらいの気分なんやけど、
考えてみれば、そんな時間も同じ自分の一生のうちのひとコマなんやから、
早送りしたいってのもちょっとなあ、ってふと思った。
今日初めてそんなことを思った。

今踏み出す一歩に気持ちをおいて、生きてることの連続を感じながら行けば、「ああイヤだ」の概念が消えていく。
なぜなら、ザレ場を渡る→足を踏み外す→こける。下手すりゃ死ぬ。←だから「イヤだ」と思うわけだから。

技術も根性も体力も、てんでへなちょこのあ〜ぴょんは、そんな、
「魂を込めて渡れば渡れんことはない感じ」の狭い横崖道の途中で、エボシ岩到達前に撤退。

 また来るぜっ。(いつかな?)

アケボノツツジの表年の春には、また整備してくれてるかもしんない。
それを待つのも一考。でもたぶんその前にまた行くやろな。。

2005/07/17(日) 四国の別天地もやっぱ暑かった
少し前から、数年ぶりに、いや、8年ぶりぐらい?に、天狗塚へ行こうと思っていて、今日やっと実行できた。
ほんとは朝4時ぐらいに家を出たかったけど、単独行のときはだいたい、決めた時間より遅くなってしまう。

結局5時20分ぐらいに須崎市を出て、天狗塚の登山口へ向かったけど、
林道が途中で崩壊していて、登山口まで3km、時間にして40分、
林道を歩いた。
そのときに偶然、5月15日に高板山山頂で出会った今治の「やまぐるま」のリーダーの方とまたばったり!
今日はその方も単独だったので、いろいろ山の話をしながら林道を一緒に歩きました。
他にもそれぞれ単独で来ていた香川の方が1名、高知の方が1名いて、結局今日の行程をご一緒することに。

一足先に登り始めたあ〜ぴょん、ちょっと最初飛ばし気味になって、
15分ぐらいすると胸の辺りが「痛苦しくなってきた。」
あ、やばい、、調子悪いときの症状だ…。
ピッチを緩めて結局、3人に先に行ってもらって、後ろの数人単位の2つのグループの間に入って
登っていったけど、暑いし目眩はするし、一瞬下りたくなっちゃったほど。
ちょっとシャリバテみたいな感じやったかも。

でも、笹原に出たぐらいから調子が戻ってきて、先で休んでいた前の3人と合流。
その後は順調に登ることができました。

下山は牛の背から「亀尻峠」への尾根道を下るルートを行ってみよう、ということになり、
4人で地図を見ながら下山。笹原の下りまでは
踏み跡もしっかりしていて快適やったけど、樹林帯に入ってからはけっこう殺風景な景観で、
ケルンがなければ道を見失いそうな感じの上、亀尻峠へ直に下りる手前で道が塞がれ、迂回する形に。
雨で崩れていて危険なためらしい。

その後も、「単独では辿りたくないね」というような殺風景な
斜面をひたすら下りるルートやったけど、
4人やったから不安はなくて、赤テープやケルンを探しながらの下山、楽しませていただきました。

高知からの方が、ある大きな病院のお医者様で、実は須崎市出身の方だったことも判明。
(その病院はリタイヤされているとのこと。とてもそんな年齢には見えませんでしたけど。)

今日のご縁って、あ〜ぴょんが予定どおり4時に家を出ていたら
なかったと思うし、
林道が途中で通行止めじゃなかったら、時間差ができて、たぶんそれぞれバラバラに登山口に着いて、
バラバラに登っていたかもしれんと思う。
下山に牛の背からのルートを教えてもらうこともなかったやろうな。。

そんなことを思いながら林道に下り着いてみると、なななんと、
登山口の手前3km地点の、まさに車を止めた
工事場所に下りたやないの!これには4人ともびっくり。

でも、来たときは気がつかんかったけど、そこには小さな木の梯子も架けられているのでした。
でも、そこから登るのはオススメできん。下るのも、単独ではやめておいた方がえいかも。

しっかし暑い山行やったす。
あ〜ぴょん、よく途中で回復できたよな、、と頭掻き掻き帰ってきました。
(画像は、牛の背の三角点から西の踏み跡を数十メートル進み、十字路を右へ下山するところ)

2005/07/16(土) でででんでんでけでででんでんでけ…
めっちゃ暑いっ!
高知県は梅雨があけたそうですね。
お昼過ぎにストレッチとバレエの教室に行ったけど、
もう帰ってきたときは全身汗まみれ!
いやはやあれほどドバッと汗かいたら、もうどうでもよくなります。
ま、今はクーラー(といってもドライにしてるけど)の効いた部屋で涼んでますが。

明日も日中はめっちゃ暑いだろうから、夜明け前ぐらいから行動しなくては…。
といってもあ〜ぴょん、寝たらたぶん起きられないやろから、
起きてる時点で車走らせようかと…。
徳島めぐらの山へ行きたいす久々に。

眠いとどうでもよくなるからほんと困るす。人格変わってるかと思うぐらいす。

そういえば、数年前までは海の日は毎年、西か東赤石へ登ってたなあ。
しかも早朝4時ぐらいには家を出てた。明日もできたらそうしたい…。

あ、ガソリン入れとかなきゃ。でも、人間椅子の曲ぢゃないけど、
財布の中はぞっっ、とするぐらいおカネが入ってないす(ーー;)

ああ、今年もダメだったけど、いっぺん赤岡の絵金祭りに行ってみたいなあ。(今日明日あるそうな)
絵金の絵は、展示されてるものを見たことはあるけど、
お祭りの明かりで見ると、いかにも凄そうやん?

幕府のお抱え絵師やったのに謀られて、牢屋に入れられてしまった
金蔵、晩年はあんなおどろおどろしい襖絵を描いてさあ、、

そこがすっごいやんか!なんか、「遠慮せんでえいがかな。」とか思って勇気づけられるです。

まあ、遠慮はいらんと言っても、人に迷惑かける行動はやめといたほうがいいとは思うけど。

毎日しつこく送信されてくる、アダルトサイトからの迷惑メールとか
(メール受信作業はまずこれらとの格闘から始まる。サーバーのムダ使いはやめてくれ)、
帰り道にそれとなく立っていて、かといって自分から誘うでもなく、
それとなく存在をアピールするだけ。。声掛けはそちらから…。

という甘えた考えのオッサンとか、
(まあ迷惑つうか、受身なだけの望みは捨てるべき。砕ける勇気のないおんちゃんを、誘う人はいません。)

あや〜、話が別の方向へ行ってしまふ〜。またあ〜ぴょん、
強すぎて退かれること書いちまった。こんなこと書くつもりで書き始めたんじゃないのよほんとに。

ちっとは遠慮せんとイカンな。とにかく、絵金は好き。と方向修正して終るも、元には戻らず。
でででんでんでけ、でででんでんでけ。。

2005/07/13(水) 日焼けしちった
今日は突然の雨もなく、日が射したり曇ったり、、
という一日やった。んで、春野の50mプールでひと泳ぎ。
背中がほんのり焼けたけど、ずっと水に浸かっているハズの
足の前側にばっちり1本の日焼けラインが…。
あ〜ぴょんが今着ている水着は、レッグスーツタイプの膝上までの
長さのものやから、膝上10センチぐらいのところにビシッと
日焼けの線が入ってしまいました。後ろが焼けるのはわかるけど、
前もけっこうはっきりくっきり焼けてるのにはびっくりっす。
まあ、以前、ゴーグルとキャップの跡ができたこともあるからねえ。
今日はそれは大丈夫やったけど。水面反射で焼けるんすかね。

室内の25mでも1200mぐらい泳いで帰ってきたけど、
今日はそれほど頭が痛くならなくて、それもびっくり。
慣れてきたのかな?

久々に標高差1300mぐらいの山行が1週間後に控えているから、
(行けるかどうか今回もちょっと微妙だけど)
泳ぐのも "ちんたらゆるいバタ足" のいつものクロールはダメ出しっす。
 "深く強く!" でも、ピッチは6ビートのまんま。。直らなくなっちった。

ほんとはランニングもしたいんスけどね。

2005/07/12(火) ちょっとバテぎみ?
水分がちょっと不足気味?
昼間も夕方も眠くって、夜はペダルを漕いでもすぐ喉がガラガラしてきて、
あんまりよくないかなあ〜?と思いつつ、
やらないのも不安だから、とりあえず30分ぐらいやるつもりで
ペダルに乗っている。結局50分ぐらい踏んでるんだけど。

終ったあとはくろ酢を飲んで、お茶を飲んで水分補給。
でもやっぱりたぶん水分&ミネラルは不足気味な気がする。
6月の出費のせいでいろんなところに潤いが足りない今日この頃…。

7月絵日記の続き


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.